このいろ日記

つれづれなるままに、日くらし、子にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくる。

節分の鬼のお面を手作りしてみた

 


こんにちは。体調を崩し外出は控えて家遊びを続けているにこです。

お外大好きな娘は隙あらばお散歩に行こうと誘って来ます。

そんな娘に何か新しい刺激をと思い節分の鬼のお面を一緒に制作することにしました。

パーツを作り色画用紙の顔に貼り付ける福笑い式を考えていたのですが

娘が「塗り塗りしたいよ」と言うので塗り絵の様に作ってみました。

2歳児の塗り絵と言う事で線を太くして出来たのがこちら。

 

f:id:nikono:20190130151501j:plain

バーン!!まあこんな鬼もいてもいいってことで…。

この鬼をA4サイズの画用紙に印刷して水彩絵の具で塗った娘の完成図はこれです。

 

 

f:id:nikono:20190130155931j:plain

 

始めは楽しそうに「あ~か~、ももいろ、きみどり~ふんふん~」と色の名前を言いながらノリノリで色塗りを楽しんでいたのですが急に

「もうっ娘ちゃん出来ないよ~してっ!」

と終わってしまいました。でも空白はあるものの色数は多かった為にまだ見れるかな、と。

もし同じ様に子供と一緒にこのお面を作ってみたいという人がいたら上の輪郭だけ描かれている鬼を印刷して塗ってみて下さい。使用するのにコメントなくて大丈夫です。

お勧めは100円均一でも購入出来るA4画用紙に印刷して水彩絵の具やクレヨンで色塗りをしたら可愛く出来ると思います。

シールや色紙、マスキングテープ、リボン、毛糸等のデコレーションを用意してあげるとより楽しめます。

コピー用紙しかない場合は水彩絵の具や水糊を使用すると紙がふやふやになってしまうので気を付けて下さいね。

頭に巻きつけるバンド部分の作り方も載せて見ました。

 

 

f:id:nikono:20190130171955j:plain

 

 

私は長い紙はお面を作った画用紙の余りから端を切って使っています。

一手間ですが輪ゴムを後ろに持ってきているので耳が痛くならず、ずれてきません。参考にしてみて下さい。

 

 

それでは、楽しい工作ライフを!にこでした。